for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

欧州株式市場=下落、2カ月ぶり安値 物価上昇懸念

    [1日 ロイター] - 欧州株式市場は下落し、約2カ月ぶりの安
値で取引を終えた。企業の発表内容や経済指標が、サプライチェーン(
供給網)の制約や物価上昇による経済への逆風を示したのが投資家に嫌
気された。テクノロジーや資源、銀行などの銘柄の下落が目立った。
    オンライン家電販売のAOワールドは24.3%の急落。英
国での配送運転手の不足や、世界での供給網の混乱が上半期の売上高の
伸びを抑えたと発表したのが嫌気された。
    STOXX欧州600種銀行株指数、テクノロジー株指数<
.SX8P>、資源株指数が0.70―1.30%下落したのが足を
引っ張った。
    一方、IHSマークイットが発表した9月のユーロ圏製造業購買担
当者景気指数(PMI)改定値は58.6と高水準を維持したものの、
供給網の制約が打撃を与えた。
    エクイティ・キャピタルのマーケットアナリスト、デービッド・マ
デン氏は「欧州中央銀行(ECB)が金融政策を当面維持すると思われ
るとはいえ、インフレの高進を無視していいわけではない」と指摘した
。
    ドイツの高級車メーカー、BMWは1.3%上昇。新車
や中古車の価格上昇により、年間利益率予想を上方修正したのが好感さ
れた。
    フランス電力公社(EDF)と公益大手エンジー<ENGIE.P
A>はそれぞれ5.9%、2.5%上がった。フランス政府が電気料金の
値上がりを止めないことが材料視された。    
    
 <株式指数>              終値   前日比     %   前営業日  コード
                                                      終値  
 STOXX欧州600    452.90    -1.91  -0.42     454.81          
 種                                                         
 FTSEユーロファー   1751.17    -7.86  -0.45    1759.03          
 スト300種                                               
 ユーロSTOXX50   4035.30   -12.78  -0.32    4048.08  <.STOXX50E
 種                                                         >
 
    
 (ーからご覧ください)
for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up