for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

欧州株式市場=主要株価4カ月ぶり安値、ウクライナ情勢巡る警戒感で 

    [21日 ロイター] - 欧州株式市場は続落。緊迫化するウクラ
イナ情勢への警戒感から、STOXX欧州600種指数は1.
3%下落し、昨年10月以来の安値に沈んだ。
    自動車株やハイテク株が下げを主導。ハイテク株は2.6
%急落し、昨年3月以来の安値を付けた。
    独クセトラDAXは11カ月ぶりの安値、 仏CAC40
種も昨年12月初旬以来の安値を更新した。
    ロシア大統領府のペスコフ報道官は21日、ウクライナ問題を巡る
米・ロシア首脳会談についてまだ具体的な予定はないと述べた。これに
先立ち、マクロン仏大統領はバイデン米大統領とロシアのプーチン大統
領が首脳会談の開催に原則合意したと明らかにしていた。 [nL4N2UW2DD
]
    また、プーチン大統領はウクライナ東部の親ロシア派が求める独立
承認の要求を検討する必要があるという認識を示し、21日中に決定す
ると述べた。
    個別銘柄では、仏決済サービスのワールドラインが2.9
%安。TSS端末部門の売却を巡り米アポロと独占協議に入っ
たと明らかにした。売却価格は約23億ユーロ(26億1000万ドル
)となる可能性がある。
    米市場は21日、プレジデンツデーの祝日で休場となっている。
    
 <株式指数>                       終値     前日比       %   前営業日終  コード
                                                                       値  
 STOXX欧州600種           454.81      -6.00    -1.30       460.81          
 FTSEユーロファースト30    1779.59     -23.06    -1.28      1802.65          
 0種                                                                      
 ユーロSTOXX50種          3985.71     -88.57    -2.17      4074.28             
 
  

    
 (ーからご覧ください)
for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up