June 1, 2018 / 7:48 PM / in 5 months

欧州株式市場=反発、イタリアで政権発足

    [ロンドン 1日 ロイター] - 
 <株式指数>              終値   前日比     %  前営業日  コード
                                                     終値  
 STOXX欧州600    386.91    +3.85  +1.01    383.06          
 種                                                        
 FTSEユーロファー   1514.17   +15.57  +1.04   1498.60          
 スト300種                                              
 DJユーロSTOXX   3453.54   +46.89  +1.38   3406.65  <.STOXX50
 50種                                                    E>
 
        
    欧州株式市場は反発して取引を終えた。イタリア銘柄の値上がりが顕著だった。イタ
リアで連立政権が発足し、約3カ月に及ぶ政治空白が解消されたほか、再選挙のリスクが
なくなった。
    イタリアの主要株価FTSE・MIB指数は1.49%上昇。取引時間中は
約2.9%高となる局面もあった。イタリア政局の混乱が続く中、5月は9%以上値を下
げ、2016年6月以来の大幅安となっていたが、新政権発足で株価が持ち直した。イタ
リアの銀行株は3.84%上昇した。
    ただ連立政権を組んだ反体制派政党「五つ星運動」と右派政党「同盟」が掲げる政策
の下、財政支出は増える見込みで、一部の市場関係者は慎重な姿勢のままだ。UBSウェ
ルス・マネジメントのイタリア部門最高投資責任者(CIO)、マッテオ・ラメンギ氏は
「新政権の今後の動きが見えてくるまでは、イタリアの金融資産には引き続き幾分の政治
的な先行き不透明感が織り込まれることになるかもしれない」と述べた。
    一方、欧州の半導体メーカー、ダイアログ・セミコンダクターは15.5
%急落。米アップルが同社に対するスマートフォン向けパワーチップの発注を減
らす予定であることを明らかにした。18年の収入が5%減るとの見通しを示した。

    
 (い)

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below