for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

欧州株式市場=反発、オミクロン株感染でも軽症の期待感で

    [6日 ロイター] - 週明けの欧州株式市場は反発して取引を終
えた。新型コロナウイルスの新変異株「オミクロン株」に感染しても軽
症にとどまるとの期待感に後押しされた。
    オミクロン株については、南アフリカの保健当局者が軽度の感染を
引き起こすと述べたことで、一部の懸念が緩和された。バイデン米政権
の首席医療顧問、アンソニー・ファウチ氏はCNNに対し、これまでの
ところ「深刻さの度合いは高くないようだ」と述べた。
    旅行やレジャー関連の銘柄が好感され、STOXX欧州600種旅
行・娯楽関連株指数は3.91%上昇。
    エクイティ・キャピタルのヘッドマクロエコノミスト、スチュアー
ト・コール氏は「オミクロン株が以前の変異株のように致命的ではない
と判断されれば、欧州中央銀行(ECB)がインフレは一過性との見方
を維持していることもあり、先週の下落分を今週取り戻すだろう」との
見方を示した。
    投資家の不安心理の度合いを示すユーロSTOXX50ボラティリ
ティ指数は30.04まで下落して終了した。
    STOXX欧州600種石油・ガス株指数は1.86%上
昇。原油が2ドル上がって1バレル=72ドルを付けたのが好感された
。
    欧州航空機大手のエアバスが4.4%上昇。サウジアラビ
ア軍需産業が、エアバスとともに軍用航空サービスに特化した合弁会社
の設立で合意したのが材料視された。
    スイスの製薬大手ロシュ は1.5%上昇。欧州連合(EU
)の医薬品規制当局が、ロシュのリウマチ薬ロアクテムラの新型コロナ
成人患者への使用延長を推奨したことが好感された。
    投資家は、今週後半に発表されるインフレ指標に注目している。米
連邦準備理事会(FRB)による政策金利引き上げの行方を占う上で重
要なためだ。
    ブラックロック・インスティテュートは「当社は、株式の『オーバ
ーウエート』を継続している。新型コロナ新変異株の影響で遅れること
はあっても、逸脱することはないと予想しており、FRBの利上げ幅は
小幅にとどまるとみている」とのコメントを公表した。    
 <株式指数>                 終値   前日比      %   前営業日  コード
                                                          終値  
 STOXX欧州600種     468.71    +5.94   +1.28     462.77          
 FTSEユーロファース    1818.25   +24.96   +1.39    1793.29          
 ト300種                                                     
 ユーロSTOXX50種    4137.11   +56.96   +1.40    4080.15  <.STOXX50E
                                                                >
 
    
 (ーからご覧ください)
for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up