for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

欧州株式市場=反発、ディフェンシブ銘柄が上昇

    [19日 ロイター] - 欧州株式市場は反発して取引を終えた。
ディフェンシブ銘柄の上昇などが相場をけん引し、フランス乳製品大手
ダノンやスウェーデン通信機器大手エリクソンの下落を相殺した。米医
薬品・日用品大手のジョンソン・エンド・ジョンソン(J&J)<JNJ.N
>や保険のトラベラーズといった米企業の好業績も投資家心理を
支えた。
    STOXX欧州600種電力株指数、建設・資材株指数<.S
XOP>がそれぞれ1.28%、0.85%上昇。ドイツのミュンヘン再保
険は2.6%上昇し、第3・四半期の利益が倍増したのが好
感された。
    一方、ダノンは3.0%下がり、来年の物価上昇圧力を
警告したのが嫌気された。スイス食品大手ネスレ、英日用品の
ユニリーバはそれぞれ1.8%、1.3%下落。
    通信株指数も0.77%下落。スウェーデン通信機器大手
エリクソンが3.7%下がり、最大市場の一つの中国での売
り上げが大幅に減少し、中国での事業を縮小する計画を発表した。サプ
ライチェーン(供給網)の問題も指摘した。
    リフィニティブIBESのデータによると、欧州企業の第3・四半
期利益は2020年の同期と比べて47.6%増える見通し。アナリス
トによる業績修正は最近沈静化しているが、依然としてポジティブな傾
向にある。
    STOXX欧州600種指数は9月の3.41%の下落を
経て、10月に入ってからは3.03%上昇している。投資家が安定し
た決算発表シーズンを迎えるのを期待し、よりリスクの高い資産に投資
したのが押し上げた。
    スイスの製薬大手ロシュ・ホールディングは1.7%下落
。米バイオ医薬品のアテア・ファーマシューティカルズが、ロ
シュと共同開発している新型コロナウイルスの経口薬について、軽度か
ら中程度の症状を示す低リスク患者を対象とした小規模な治験で有効性
を確認できなかったと発表したのが嫌気された。    
 <株式指数>              終値   前日比     %   前営業日  コード
                                                      終値  
 STOXX欧州600    468.58    +1.54  +0.33     467.04          
 種                                                         
 FTSEユーロファー   1815.20    +6.33  +0.35    1808.87          
 スト300種                                               
 ユーロSTOXX50   4166.83   +15.43  +0.37    4151.40  <.STOXX50E
 種                                                         >
 
    

    
 (ーからご覧ください)
for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up