January 2, 2020 / 6:57 PM / 20 days ago

欧州株式市場=反発、中国の金融政策と米中交渉の進展で

    [2日 ロイター] - 
 <株式指数>                 終値   前日比      %   前営業日  コード
                                                          終値  
 STOXX欧州600種     419.72    +3.88   +0.93     415.84          
 FTSEユーロファース    1638.12   +14.16   +0.87    1623.96          
 ト300種                                                     
 ユーロSTOXX50種    3793.24   +48.09   +1.28    3745.15  <.STOXX50E
                                                                >
 
    
    年明けの欧州株式市場は反発して取引を終えた。中国の金融緩和と米中通商合意への
期待が相場を押し上げた。
    トランプ米大統領は第1段階の合意文書を15日に署名すると表明した。
    STOXX欧州600種銀行株指数は1.93%上昇し、8カ月近くぶりの
高水準をつけた。銀行株に続いて大幅に上昇したテクノロジー株指数は1.88
%高だった。通商政策に左右されやすい半導体株が買われた。
    中国へのエクスポージャーが高い資源株指数と自動車・部品株指数も
値上がりした。工業株も好調だった。2.3%高となった欧州航空機大手のエアバス<AIR
.PA>が全体を押し上げた。航空機納入数が米ボーイングを抜いて世界首位となった
ことが好感された。
    一方、英石油開発大手タロー・オイルは6.8%安だった。ガイアナのオフ
ショア油田に関する利益性について懐疑的な見方が浮上した。
    
    

    
 (い)

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below