for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

欧州株式市場=反発、商品関連銘柄がけん引

    [27日 ロイター] - 欧州株式市場は反発して取引を終えた。
商品関連銘柄が上昇したのがけん引した。ただ、ロシア国営ガス大手の
ガスプロムによるブルガリアとポーランドへのガス供給の停止や、ドイ
ツの5月の消費者信頼感指数が記録的な低水準になる見通しなのが嫌気
され、上げ幅は限られた。
    ガスプロムは、ロシア側が求めたロシア通貨ルーブルで
の支払いをしなかったブルガリアとポーランドへのガス供給を停止。ウ
クライナ戦争を巡る西側諸国の厳しい制裁に対するロシアのこれまでで
最も強い対抗措置となる。
    ハーグリーブス・ランズダウンのシニア投資・市場アナリスト、ス
ザンナ・ストリーター氏は「ガス供給が今第一の懸念事項であり、今回
の動きはロシアがいかに大規模に供給を制限する行動ができるかを示し
ている」と指摘した。
    STOXX欧州600種資源株指数は4.53%、石油・
ガス株指数 は1.04%それぞれ上昇して続伸した。ディフェ
ンシブ部門である公益事業株指数、食品・飲料株指数は
それぞれ0.25%、0.64%の小幅上昇だった。
    ドイツ銀行は5.6%下落。2022年第1・四半期利
益が予想を上回る伸びを示したものの、ウクライナ戦争が通期業績に悪
影響を与える可能性があると警告したのが嫌気された。
    ドイツの5月の消費者信頼感指数は記録的な低水準に落ち込むとの
見通しが発表された。ウクライナ戦争が物価高騰を招き、新型コロナウ
イルスのパンデミック(世界的大流行)後の回復期待が後退したのが要
因。
    ドイツの高級車メーカー、メルセデス・ベンツグループ 
は1.5%上昇。サプライチェーン(供給網)の混乱による悪影響を高
い車両販売価格で補い、22年第1・四半期決算で増益を確保したこと
が好感された。    
 <株式指数>              終値   前日比     %   前営業日  コード
                                                      終値  
 STOXX欧州600    444.31    +3.21  +0.73     441.10          
 種                                                         
 FTSEユーロファー   1738.52   +13.08  +0.76    1725.44          
 スト300種                                               
 ユーロSTOXX50   3734.64   +13.28  +0.36    3721.36  <.STOXX50E
 種                                                         >
 
    

    
 (ーからご覧ください)
for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up