May 5, 2020 / 5:14 PM / 24 days ago

欧州株式市場=反発、好決算銘柄に買い 封鎖緩和も追い風

    [5日 ロイター] - 
 <株式指数>             終値  前日比     %  前営業日  コード
                                                   終値  
 STOXX欧州600   335.50   +7.06  +2.15    328.44          
 種                                                      
 FTSEユーロファー  1312.42  +28.03  +2.18   1284.39          
 スト300種                                            
 ユーロSTOXX50  2875.91  +59.43  +2.11   2816.48  <.STOXX50
 種                                                      E>
 
        
    欧州株式市場は反発して取引を終えた。債券買い入れを巡る先行き不透明が漂う中で
、好決算を発表した銘柄が買われたほか、一部の国が新型コロナウイルスを受けた封鎖措
置を緩和していることから市場心理が好転した。
    ドイツ連邦憲法裁判所は、欧州中央銀行(ECB)の資産買い入れプログラムを巡り
、ECBが政策の必要性を証明しなければ、ドイツ連邦銀行(中央銀行)が国債買い入れ
を停止しなければならないとの判断を下した。
    OANDAの上級市場アナリスト、クレイグ・アーラム氏は「裁判所の判断はパンデ
ミック緊急購入プログラム(PEPP)には適用されないため、現時点で大きな問題にな
らない」と述べた。
    それでも、国債市場の混乱に左右されるSTOXX欧州600種銀行株指数
は上昇幅を圧縮し、1.86%高で取引を終えた。
    石油大手のトタルは7.9%値を上げた。原油安によって第1・四半期の
調整後純利益が急減したものの、配当を維持したことが好感された。第1・四半期利益が
市場予想を上回ったスペインの同業レプソルは13.2%上昇した。
    一方、スウェーデンの不動産会社サムハスビッグナスボラゲティ・ノルデン<SBBb.ST
>は18.6%安。最高経営責任者が市場規制に違反した疑いで拘束されたとの発表が嫌
気された。

    
 (い)

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below