July 6, 2020 / 5:46 PM / a month ago

欧州株式市場=反発、好調な指標や中国経済回復の期待で

    [6日 ロイター] - 
 <株式指数>             終値  前日比     %  前営業日  コード
                                                   終値  
 STOXX欧州600   371.21   +5.78  +1.58    365.43          
 種                                                      
 FTSEユーロファー  1446.00  +21.85  +1.53   1424.15          
 スト300種                                            
 ユーロSTOXX50  3350.03  +55.65  +1.69   3294.38  <.STOXX50
 種                                                      E>
 
        
    週明けの欧州株式市場は、約1カ月ぶりの高値に反発した。好調な経済指標が買い材
料となった。中国が新型コロナウイルスによる景気低迷から回復するとの期待から世界的
に株価が上がった。
    アジアとの関連が強い英金融大手HSBCホールディングスは6.6%高だ
った。STOXX欧州600種銀行株指数は3.89%上昇し、1カ月近くぶり
の高値を付けた。
    自動車・部品株や工業株、石油・ガス株、高級ブランド株な
ど中国へのエクスポージャーが高いその他の部門も買われた。
    5月のユーロ圏の小売売上高は過去最大の回復幅を記録した。3月と4月は新型コロ
ナのパンデミック(世界的大流行)により過去最大の落ち込みだった。
    米供給管理協会(ISM)が発表した6月の米非製造業総合指数(NMI)は予想に
反して景気拡大・縮小の節目となる50を超えた。
    中国の株式市場は5%超値上がりし、世界的にリスク志向が強まっ
た。アナリストは中国経済が新型コロナ感染の第2波の対応に追われる他の主要国よりも
早く回復するとみている。投資家は安い借り入れコストを利用し中国株に投資している。
    こうした中、ドイツの5月の鉱工業生産指数は、同国経済の新型コロナによる打撃か
らの回復が遅く、大変な道のりとなることを示唆した。
    ベレンバーグのストラテジストは投資家向けのメモで「投資家は興奮状態にあるわけ
ではない。大半の証券会社が短期的には慎重な姿勢を構えており、長期的な視点で投資し
ている人は少ない」と述べた。
    個別銘柄ではオーストリアのセンサーメーカー、AMSが4.0%上昇。欧
州連合(EU)がドイツの照明機器メーカー、オスラムの46億ユーロ(52
億ドル)規模の買収を承認したことが買い材料だった。
    住宅建設のパーシモンとテイラー・ウィンペイ、バラット・デベロッ
プメンツなども値を上げた。英国のスナク財務相が景気支援策の一環として不動
産税の課税最低額引き上げなどを予定しているとの報道が材料視された。

    
 (い)

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below