February 12, 2018 / 6:39 PM / 10 days ago

欧州株式市場=反発、投資家の懸念後退

    [ミラノ 12日 ロイター] - 
 <株式指数>              終値   前日比     %   前営業日  コード
                                                      終値  
 STOXX欧州600    372.93    +4.32  +1.17     368.61          
 種                                                         
 FTSEユーロファー   1463.28   +17.57  +1.22    1445.71          
 スト300種                                               
 DJユーロSTOXX   3368.25   +42.26  +1.27    3325.99  <.STOXX50E
 50種                                                     >
    
    週明け欧州株式市場は反発して取引を終えた。前週は物価上昇圧力の兆しを背景に国
債利回りが上昇したほか、中銀が予想よりも速いペースで利上げを進めるとの懸念が浮上
。投資家の不安心理の度合いを示すユーロSTOXX50ボラティリティ指数が
急騰し、1兆ドルの時価総額が吹き飛んだ。この日はこうした懸念が後退したもようで、
ボラティリティ指数は低下した。
    STOXX欧州600種指数は今年に入り、約4.1%安となっている。こ
の日は世界的な株安局面で売り込まれた景気循環株が持ち直した。資源株指数は
1.86%上昇し、好調な部門だった。
    デンマークの通信大手TDCは13.4%急騰。オーストラリアの投資銀行
マッコーリー・グループやデンマークの年金基金3機関による67億ドル規模の買収提案
を受けた。TDCは投資家に対して提案を受けるように促した。
    一方、ビール醸造世界2位のハイネケンは0.9%下落した。不安定な市
況とブラジルでの事業買収に言及し利幅目標を引き下げたことが嫌気された。

    
 (い)

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below