May 15, 2018 / 5:37 PM / 5 months ago

欧州株式市場=反発、石油・金融株買われる

    [ミラノ 15日 ロイター] - 
 <株式指数>              終値   前日比     %   前営業日  コード
                                                      終値  
 STOXX欧州600    392.37    +0.18  +0.05     392.19          
 種                                                         
 FTSEユーロファー   1540.52    +2.20  +0.14    1538.32          
 スト300種                                               
 DJユーロSTOXX   3564.29    -1.45  -0.04    3565.74  <.STOXX50E
 50種                                                     >
    
    欧州株式市場は反発して取引を終えた。石油や金融株が買われ、全体水準を押し上げ
た。
    この日は原油が2014年9月以来の高値をつけた。米国がイランに対する制裁で同
国の石油輸出を制限する可能性が高いため、供給懸念が高まった。原油高を受け石油大手
でフランスのトタルとイタリアのENI、英・オランダ系のロイヤル
・ダッチ・シェル、英BPは0.4%から1.2%上昇した。STOXX
欧州600種石油・ガス株指数は今年、13%近く値上がりしており、欧州株式
市場の部門別で際立って伸びている。
    好決算が好感されたオーストリアの銀行ライファイゼン・バンク・インターナショナ
ル(RBI)とドイツのコメルツ銀行は4.6%と3.9%それぞれ
上昇した。フランスの銀行クレディ・アグリコルは1.2%上昇。四半期利益
が市場予想を下回り、序盤はマイナス圏で取引されたものの、終盤にかけて持ち直した。
    一方、フランスの通信衛星運営会社ユーテルサットは12.8%急落。収益
の通期目標を達成できないかもしれないとしたことが嫌気された。
    フランスの通信会社イリアドは19.5%急落。経営陣の入れ替えのほか、
軟調な第1・四半期決算が売り材料となった。
    デンマークの宝石メーカー、パンドラは15.5%安だった。中国の業
績が鈍化し、第1・四半期利益が市場予想に届かなかった。

    
 (い)

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below