July 31, 2018 / 5:06 PM / 5 months ago

欧州株式市場=反発、米中貿易摩擦緩和の兆しで

    [ロンドン 31日 ロイター] - 
 <株式指数>              終値   前日比     %  前営業日  コード
                                                     終値  
 STOXX欧州600    391.61    +0.69  +0.18    390.92          
 種                                                        
 FTSEユーロファー   1534.21    +3.70  +0.24   1530.51          
 スト300種                                              
 DJユーロSTOXX   3525.49   +13.18  +0.38   3512.31  <.STOXX50
 50種                                                    E>
 
        
    欧州株式市場は反発して取引を終えた。米中貿易摩擦が緩和した兆しを受け買い安心
感が広がった。決算が好感された銘柄も値を上げた。
    米国と中国が通商交渉を再開しようとしているとの報道で貿易摩擦を巡る懸念が後退
した。通商動向に左右されやすいSTOXX欧州600種資源株指数は1.24
%上昇した。
    決算が材料となった銘柄では、スイスの金融大手クレディ・スイスが1.1
%高となった。第2・四半期利益が倍増したことが好感された。ドイツの航空大手ルフト
ハンザは8.3%上昇した。第2・四半期の営業利益が市場予想を上回った。
フランスの通信・娯楽大手ビベンディは3.7%値を上げた。決算が好感された
ほか、傘下の音楽事業ユニバーサル・ミュージック・グループ(UMG)の最大50%を
売却する計画が買い材料となった。英石油大手BPは1.4%上昇。原油高と増産
に伴い第2・四半期利益が市場予想を上回った。
    一方、上半期決算が嫌気された英スタンダード・チャータード銀行(スタンチャート
)は1.3%下落した。スイスの資産運用会社GAMホールディングは
12.6%急落。決算が売り材料となったほか、投資部門担当者の内部調査を経た結果、
停職処分としたことが不安視された。

    
 (い)

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below