May 14, 2019 / 6:06 PM / 10 days ago

欧州株式市場=反発、米中通商協議への不安後退

    [14日 ロイター] - 
 <株式指数>              終値   前日比     %  前営業日  コード
                                                     終値  
 STOXX欧州600    376.34    +3.77  +1.01    372.57          
 種                                                        
 FTSEユーロファー   1480.07   +14.96  +1.02   1465.11          
 スト300種                                              
 DJユーロSTOXX   3364.38   +43.60  +1.31   3320.78  <.STOXX50
 50種                                                    E>
 
        
    欧州株式市場は反発して取引を終えた。米中通商協議を巡り両国が前向きな発言をし
たことで貿易摩擦を巡る懸念が後退した。
    トランプ米大統領は習近平国家主席と「素晴らしい」関係を築いており、通商協議は
まだ決裂していないと述べた。中国政府は、両国が協議を続けることで合意したとした。

    通商政策に左右されやすいSTOXX欧州600種自動車・部品株指数は1
.20%、テクノロジー株指数は2.22%上昇した。
    銀行株指数は0.85%上昇した。ドイツのコメルツ銀行が4.3
%値を上げ、全体を押し上げた。イタリアの銀行大手ウニクレディトがコメル
ツの買収に向け準備を進めていると伝えたロイターの報道が材料視された。
    一方、フランスの自動車メーカー、ルノーは2.3%安。提携する日産自
動車が、通期利益が10年超ぶりの低水準になるとの見通しを示したことが売り
材料となった。
    ドイツの製薬・化学大手バイエルは2.0%下落した。バイエルの除草剤
「ラウンドアップ」が原因でがんを発症したと夫婦が訴えていた問題で、米カリフォルニ
ア州の陪審団がバイエルに総額20億ドル余りを夫婦に支払うよう命じる評決を下したこ
とが材料視された。

    
 (い)

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below