February 11, 2019 / 6:36 PM / 2 months ago

欧州株式市場=反発、米中通商協議再開で市場心理が好転

    [ミラノ 11日 ロイター] - 
 <株式指数>              終値   前日比     %  前営業日  コード
                                                     終値  
 STOXX欧州600    361.12    +3.05  +0.85    358.07          
 種                                                        
 FTSEユーロファー   1421.56   +11.16  +0.79   1410.40          
 スト300種                                              
 DJユーロSTOXX   3165.61   +29.99  +0.96   3135.62  <.STOXX50
 50種                                                    E>
 
        
    週明けの欧州株式市場は反発して取引を終えた。米中両政府が新たな通商協議を始め
たことで市場心理が好転した。
    ただアナリストらは、通商協議に関するセンチメントは不安定であると警告する。良
い結果が確定しているわけではないとも指摘。シティ・インデックスの市場アナリスト、
フィオナ・チンコッタ氏は「北京で米中通商協議が始まる中、市場は今回も過度に前向き
になっている」とした。
    銀行株が好調だった。中でもイタリアの銀行バンコBPMとUBIバンカ<
UBI.MI>、ウニクレディトが7.0%と3.0%、1.9%それぞれ上昇。資本
比率が欧州中央銀行(ECB)の基準を満たしたとの発表が好感された。
    出前アプリのジャスト・イートは3.8%上昇した。株主であるキャットロッ
クが合併・買収(M&A)を促したことが買い材料となった。

    
 (い)

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below