December 4, 2019 / 6:49 PM / 8 days ago

欧州株式市場=反発、米中通商合意に期待

    [4日 ロイター] - 
 <株式指数>              終値   前日比     %  前営業日  コード
                                                     終値  
 STOXX欧州600    403.19    +4.71  +1.18    398.48          
 種                                                        
 FTSEユーロファー   1575.15   +17.67  +1.13   1557.48          
 スト300種                                              
 ユーロSTOXX50   3660.02   +49.03  +1.36   3610.99  <.STOXX50
 種                                                        E>
 
            
    欧州株式市場は反発して取引を終えた。米中通商協議が合意に近づいているとの報道
が買い材料だった。
    ブルームバーグは、第一段階の合意文書を巡りこれまでの追加関税の引き下げ規模に
ついて両国が合意に近づいていると報じた。
    金融と工業株の値上がりが目立った。欧州航空機大手のエアバスは3.2%
上昇。米ユナイテッド航空の受注を勝ち取ったことが好感された。
    通商政策に左右されやすいドイツのクセトラDAX指数は1.16%上昇し
た。半導体大手のインフィニオン・テクノロジーズとSTマイクロエレクトロ
ニクスが1.4%と2.3%それぞれ上昇した。米同業のマイクロン・テクノロ
ジーが好調な利益見通しを示したことが買い材料だった。
    オランダの半導体製造装置メーカーASMLホールディングは2.6%上
昇した。JPモルガンが2020年の好調な業績を見込んで目標株価を引き上げたことが
好感された。
    フランスのCAC40指数は1.27%上昇。トランプ米大統領とフランス
のマクロン大統領が、フランスが導入したデジタルサービス税に関する意見の相違を取り
除きたいと述べたことで買い安心感が広がった。
    米国は2日、フランスが米IT(情報技術)企業に対しデジタルサービス税を課した
場合、シャンパンやハンドバッグ、その他のフランス製品に最大100%の制裁関税を検
討すると発表した。
    3日に大幅安となったフランスの高級ブランド品メーカーのエルメスとL
VMH(モエ・ヘネシー・ルイ・ヴィトン)、ケリングは0.6%か
ら1.5%反発した。一方、フランスの通信大手、オランジュは4.7%下落
した。投資家はオランジュの配当見通しが期待外れの内容だと指摘した。

    
 (い)

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below