August 13, 2019 / 6:45 PM / 8 days ago

欧州株式市場=反発、米国の対中制裁の一部延期で

    [13日 ロイター] - 
 <株式指数>                     終値     前日比      %   前営業日終  コード
                                                                    値  
 STOXX欧州600種         372.40      +1.99   +0.54       370.41          
 FTSEユーロファースト3    1466.26      +8.47   +0.58      1457.79          
 00種                                                                 
 DJユーロSTOXX50種    3357.16     +30.61   +0.92      3326.55             
        
    欧州株式市場は反発して取引を終えた。序盤はマイナス圏で取り引きされたものの、
米政権が対中制裁関税の発動を一部品目に関して延期すると発表したことで、終盤にかけ
てプラスへ転じた。
    米国は、ノートパソコンや携帯電話などの制裁対象品目の一部について10%の追加
関税の発動を9月以降に延期する。制裁対象から除外した品目もある。
    STOXX欧州600種資源株指数と自動車・部品株指数、テクノロ
ジー株指数の値上がりが目立った。
    イタリアの主要株価FTSE・MIB指数は1.36%上昇した。イタリア
の銀行株指数<.FTIT8300 >は2.61%上昇。イタリアの連立政権内の右派「同盟」を率
いるサルビーニ副首相は早期の総選挙実施を要請したが、上院は前日、内閣信任投票の日
程で合意できなかった。バンカ・イーフィジェストで機関投資家部門を率いるカルロ・フ
ランキーニ氏は「暫定政権となる可能性が高まってきた。そうすれば選挙は規律正しく進
み、財源を確保でき、打撃が和らぐかもしれない」と述べた。
    一方、ドイツの化学・消費財のヘンケルは7.1%下落した。通期の売
り上げと利益見通しを引き下げたことが嫌気された。

    
 (い)

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below