December 19, 2018 / 6:23 PM / a month ago

欧州株式市場=反発、米FRBがハト派姿勢示すとの思惑で

    [ロンドン 19日 ロイター] -    
 <株式指数>                  終値    前日比      %  前営業日終  コード
                                                               値  
 STOXX欧州600種      341.52     +1.06   +0.31      340.46          
 FTSEユーロファースト   1348.41     +4.62   +0.34     1343.79          
 300種                                                          
 DJユーロSTOXX50   3051.38    +11.25   +0.37     3040.13             
 種                                                                
        
    欧州株式市場は反発して取引を終えた。米連邦準備理事会(FRB)がハト派的な姿
勢を示すとの思惑が広がる中、ほとんどのセクターが買われた。
    市場参加者の大半がFRBがこの日、利上げを決めると見込んでいるが、一部には来
年の利上げ回数を従来より減らすとの見方が出ている。BNPパリバのアナリストは「大
方の指標は堅調だが、金融市場の変動やインフレ期待の低下、一部の景気減速があわさっ
て、今回はハト派的な利上げになりそうだ」と指摘した。
    イタリアの銀行株指数は2.09%の上昇。イタリアの2019年予算を巡り、財政
赤字幅を圧縮することで欧州連合(EU)と合意に達したことを好感した。主要株価FT
SE・MIB指数は1.59%上がった。
    米製薬大手ファイザーとの一般用医薬品事業の統合を発表した英製薬大手グラクソ・
スミスクラインは3.8%値上がりし、医薬品セクターを押し上げた。
    一方で、米物流サービス大手フェデックスが業績見通しを引き下げたことか
ら中国や欧州の景気減速への懸念が出て、同業のドイツポストDHLグループ
が4.2%、ロイヤルメールが2.4%それぞれ値下がりした。
    アジアのデリバティブで損失を出したフランスの銀行ナティクシスは6.
3%下落した。

    
 (い)

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below