November 13, 2018 / 6:51 PM / a month ago

欧州株式市場=反発、貿易摩擦緩和や英EU離脱交渉への期待で市場心理好転

    [ロンドン 13日 ロイター] - 
 <株式指数>              終値   前日比     %  前営業日  コード
                                                     終値  
 STOXX欧州600    364.44    +2.41  +0.67    362.03          
 種                                                        
 FTSEユーロファー   1434.57   +10.06  +0.71   1424.51          
 スト300種                                              
 DJユーロSTOXX   3224.82   +30.74  +0.96   3194.08  <.STOXX50
 50種                                                    E>
 
        
    欧州株式市場は反発して取引を終えた。米中貿易摩擦緩和や英国の欧州連合(EU)
離脱交渉妥結への期待から市場心理が好転した。
    米中首脳会談を前に中国の劉鶴副首相が近く米国を訪問するとの報道を受け、貿易摩
擦への懸念が後退した。
    STOXX欧州600種テクノロジー株指数は1.70%上昇し、前日の落
ち込みから持ち直した。米アップルのスマートフォン「iPhone(アイフォ
ーン)」の売り上げがピークを超えたとの懸念から前日は米国株式市場でテクノロジー銘
柄が売り込まれた。バンク・オブ・アメリカ・メリルリンチ(BAML)がこの日公表し
たファンドマネジャー対象の月間調査によると、米国とアジアの主要テクノロジー株(い
わゆるFAANGとBAT銘柄)が依然として最も取引高が高い部門と見なされているこ
とが分かった。
    英国のEU離脱交渉の妥結が近い兆しも、買い安心感が広がる要因となった。
    STOXX欧州600種通信株指数は2.26%上昇した。英携帯電話サー
ビス大手ボーダフォンが7.8%高となり、部門全体を押し上げた。経費削減を
表明したほか、アンテナ塔の価値を最大限に生かすことを目指すとの発言が好感された。
    一方、デンマークの救命機器メーカー、アンブは14.0%急落した。内
視鏡の売り上げが市場予想に届かなかったことが嫌気された。

    
 (い)

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below