March 11, 2019 / 6:34 PM / 12 days ago

欧州株式市場=反発、銀行部門のM&A期待で

    [ミラノ 11日 ロイター] - 
 <株式指数>                       終値     前日比       %   前営業日終  コード
                                                                       値  
 STOXX欧州600種           372.15      +1.58    +0.43       370.57          
 FTSEユーロファースト30    1463.98      +6.28    +0.43      1457.70          
 0種                                                                      
 DJユーロSTOXX50種      3293.86     +10.26    +0.31      3283.60             
 
        
    週明け欧州株式市場は反発して取引を終えた。銀行部門での合併・買収(M&A)期
待が相場の押し上げ要因だった。
    STOXX欧州600種指数は0.78%上昇し、2月15日以来の大幅高
となった。
    コメルツ銀行は7.2%高だった。ドイツ銀行との合併の可能
性を巡る週末の報道が材料視された。ドイツ銀行は5.0%高だった。関係筋は9日、ド
イツ銀行の取締役会がコメルツ銀行と合併の実現可能性に関する協議を実施することに合
意したと明らかにした。独誌フォークスは8日、両行の最高経営責任者(CEO)が数日
間にわたり、合併に関する協議を行ったと報道していた。
    英銀チャーター・コート・ファイナンシャルとワンセービングス・バンク<O
SBO.L>は11.2%と10.9%それぞれ上昇した。両行は、株式交換による合併の協議
が進んでいるとした。
    ユーロ圏銀行株指数は2.06%上昇した。
    こうした中、デンマークの宝石メーカー、パンドラは5.5%下落した
。トレーダーらは、カーネギーが投資判断を「売り」へ引き下げた点を売り材料として挙
げた。カーネギーはパンドラの中国事業における伸びの鈍化を指摘した。

    
 (い)

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below