April 10, 2019 / 6:49 PM / 9 days ago

欧州株式市場=反発、ECB金利据え置きで

    [10日 ロイター] - 
 <株式指数>              終値   前日比     %  前営業日  コード
                                                     終値  
 STOXX欧州600    386.68    +1.00  +0.26    385.68          
 種                                                        
 FTSEユーロファー   1520.42    +2.54  +0.17   1517.88          
 スト300種                                              
 DJユーロSTOXX   3424.65    +7.43  +0.22   3417.22  <.STOXX50
 50種                                                    E>
 
        
    欧州株式市場は反発して取引を終えた。欧州中央銀行(ECB)が政策金利を据え置
いたことで、銀行株を除きほとんどのセクターが値上がりした。
    ECBの決定は市場予想通りだったが、ドラギ総裁は報道された階層的な準備金レー
トや銀行への長期資金供給について多くを語らなかった。このためSTOXX欧州600
種銀行株指数は0.3%下落した。
    独コメルツ銀行は2.3%下落した。ドイツのメルケル首相がドイツ銀行<
DBKGn.DE>との合併交渉の結果は決まっていないと述べた。ドイツ銀行のトップがコメル
ツ銀行にさらに時間が必要だと伝えたとの報道もあった。
    金利に敏感な不動産株指数は1.8%値上がりした。リフィニティブのデー
タによると、指数の配当率は4.15%で、構成銘柄が全て上昇した。
    ヘルスケア指数は0.4%下がった。スイス製薬大手ノバルティス
が3.0%下落。UBSやバークレイズなどが目標株価を引き下げた。モルガン・スタン
レーは投資判断を「アンダーウエイト」に下げ、「医療機器アルコンのスピンア
ウトでノバルティスの製薬事業の課題に焦点が当たる」と指摘した。
    英製薬のインディビアは71.6%急落した。オピオイド中毒治療薬「サボ
キソン」の処方を違法な手法で拡大させたとして、米司法省が起訴したと発表した。
    
    
 
    

    
 (い)

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below