July 17, 2018 / 5:08 PM / a month ago

欧州株式市場=反発、FRB議長の発言でドル高ユーロ安 輸出銘柄の追い風に

    [ミラノ/ロンドン 17日 ロイター] - 
 <株式指数>                       終値     前日比       %   前営業日終  コード
                                                                       値  
 STOXX欧州600種           384.98      +0.93    +0.24       384.05          
 FTSEユーロファースト30    1506.94      +3.87    +0.26      1503.07          
 0種                                                                      
 DJユーロSTOXX50種      3457.50      +8.42    +0.24      3449.08             
        
    欧州株式市場は反発して取引を終えた。米連邦準備理事会(FRB)のパウエル議長
が米経済について良好な見通しを示したことでドルが上昇し、ユーロ安が欧州の輸出銘柄
の追い風となった。
    パウエル議長は米労働市場の底堅さと落ち着いた物価上昇が「数年間」続くだろうと
発言した。ドル高・ユーロ安に伴い、輸出銘柄が多いドイツのクセトラDAX指数<.GDAX
I>は0.80%上昇した。
    この日はドイツの工業大手ティッセンクルップが9.1%上昇。ウルリッ
ヒ・レーナー会長が辞任するとの発表で、事業再編への期待が高まった。
    第2・四半期決算も材料視された。決算が好感されたフランスの小売り大手カジノ<C
ASP.PA>とオンライン広告・メディア事業を手掛けるノルウェーのシブステッド<SBSTA.OL
>、スウェーデンの医療テクノロジーのゲティンゲは3.2%と12.6%、
10.5%それぞれ上昇した。
    一方、ノルウェーの携帯電話事業者テレノールは4.0%下落。第2・四半
期決算が市場予想を下回ったことが嫌気された。
    
    

    
 (い)

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below