February 3, 2020 / 7:27 PM / 14 days ago

欧州株式市場=反発、M&Aを好感

    [3日 ロイター] - 
 <株式指数>                 終値   前日比      %   前営業日  コード
                                                          終値  
 STOXX欧州600種     411.72    +1.01   +0.25     410.71          
 FTSEユーロファース    1606.98    +2.39   +0.15    1604.59          
 ト300種                                                     
 ユーロSTOXX50種    3661.27   +20.36   +0.56    3640.91  <.STOXX50E
                                                                >
    

    週明け欧州株式市場は反発して取引を終えた。数十億ユーロ規模の合併・買収(M&
A)と製造業指標が買い材料となった。
    フランスの決済端末大手インジェニコは17.2%急騰した。同業のワー
ルドラインがインジェニコを78億ユーロ(87億ドル)で買収することに合意
した。業界内でさらなるM&Aがあるとの見方から、より小規模な同業ネクシィ<NEXII.M
I>は4.9%の連れ高となった。STOXX欧州600種テクノロジー株指数は
1.63%上昇した。
    1月のユーロ圏製造業購買担当者景気指数(PMI)は景況拡大と悪化の分かれ目で
ある50を下回り続けたものの、2019年半ば以来の高水準だった。低迷するユーロ圏
の製造業が底入れしたことを示唆した。
    世界保健機関(WHO)が中国で発生したコロナウイルスによる感染について緊急事
態を宣言した先週、STOXX欧州600種は約3%下落した。感染による中国での死亡
者数は今のところ361人に上っている。
    中国の需要が不安視される中で原油価格が低迷し、石油・ガス株指数は1.
14%下落した。中国へのエクスポージャーが高い銘柄を含む資源株指数は0.
77%下落。個別銘柄では英豪系資源大手BHPとスイスの商品取引・資源大手
グレンコアが0.2%と0.4%それぞれ下落した。
    
    

    
 (い)

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below