October 1, 2018 / 5:20 PM / 14 days ago

欧州株式市場=反発、NAFTA妥結で市場心理好転

    [ロンドン 1日 ロイター] - 
 <株式指数>              終値   前日比     %  前営業日  コード
                                                     終値  
 STOXX欧州600    383.94    +0.76  +0.20    383.18          
 種                                                        
 FTSEユーロファー   1506.88    +3.31  +0.22   1503.57          
 スト300種                                              
 DJユーロSTOXX   3414.16   +14.96  +0.44   3399.20  <.STOXX50
 50種                                                    E>
 
        
    週明け欧州株式市場は反発して取引を終えた。北米自由貿易協定(NAFTA)の再
交渉を巡り、米国とカナダ、メキシコが妥結したことで市場心理が好転した。
    ドイツのヘルスケア大手フレゼニウスは8.5%上昇した。フレゼニウス
が米製薬のエイコーンを47億5000万ドルで買収するとの合意を撤回し、エ
イコーンがフレゼニウスを提訴していた問題で、デラウェア州の裁判所がエイコーンの訴
えを退けたことが材料視された。
    一方、欧州格安航空会社(LCC)最大手ライアンエアは12.5%急落し
た。通期の利益見通しを引き下げたことが嫌気された。また欧州で最近行われたストライ
キによる予約などへの影響が続けば、さらに下方修正する可能性があるとした。広範な航
空銘柄が連れ安となり、イージージェット、エールフランス、ブリティ
ッシュ・エアウェイズ(BA)などの親会社IAGは7.0%と4.0%、2.
6%それぞれ下落した。
    イタリアの主要株価FTSE・MIB指数は0.49%低下した。欧州委員
会のドムブロフスキス副委員長がイタリアの予算案に関して、欧州連合(EU)規制に違
反するとの第一印象を受けたと発言したことが嫌気された。イタリア政局の混乱に左右さ
れやすいイタリアの銀行株指数は3.05%低下した。

    
 (い)

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below