August 9, 2019 / 5:53 PM / 8 days ago

欧州株式市場=反落、イタリア株売られる

    [9日 ロイター] - 
 <株式指数>              終値   前日比     %  前営業日  コード
                                                     終値  
 STOXX欧州600    371.56    -3.15  -0.84    374.71          
 種                                                        
 FTSEユーロファー   1462.27   -12.11  -0.82   1474.38          
 スト300種                                              
 DJユーロSTOXX   3333.74   -41.64  -1.23   3375.38  <.STOXX50
 50種                                                    E>
 
        
    欧州株式市場は反落して取引を終えた。イタリアの政局混乱を受けイタリア株が大幅
安となったほか、トランプ米大統領が中国と通商政策で合意する用意はできていないと述
べたことで市場心理が悪化した。
    イタリアの主要株価FTSE・MIB指数は2.48%低下、同国の銀行株
指数<.FTIT8300 >は4.49%低下した。連立政権の「同盟」のサルビーニ党首が、連立
への支持を撤回し、解散総選挙を要求した。
    ラボバンクでマクロ戦略部門を率いるエルウィン・デ・グルート氏は「イタリアが予
算をいつ改善できるのかが分からなくなったため先行き不透明感が出てきた。イタリア政
権はブリュッセルと予算で合意したばかりで、撤回されることは大いにあり得る」と指摘
した。
    中国へのエクスポージャーが高い銘柄が売られ、STOXX欧州600種テクノロジ
ー株指数や資源株指数、自動車・部品株指数の低下が目立った。
銀行株指数も低下した。
    一方、英広告大手WPPは7.2%上昇した。第2・四半期の売り上げが改
善したことが買い安心感に繋がった。
    ヘルスケア指数は0.14%上昇。好決算が好感されたジェネリック医薬品
メーカー、ヒクマ・ファーマシューティカルズや医療機器大手カールツァイスメ
ディテックが買われた。ドイツの製薬・化学大手バイエルも2.6
%上昇し、相場を押し上げた。

    
 (い)

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below