for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

欧州株式市場=反落、ウクライナ情勢緊迫化で

    [17日 ロイター] - 欧州株式市場は反落して取引を終えた。
ウクライナ情勢の緊迫化懸念から売り注文が広がり、ケリングなどの好
決算を打ち消した。
    STOXX欧州600種銀行株指数が1.49%、石油・
ガス株指数が1.43%それぞれ下落し、相場全体を押し下げ
た。
    北海ブレント原油先物が下落し、債券に逃避買いが向かっ
た。ユーロ圏の安全資産とされるドイツ連邦債10年物の
利回りが低下した。
    バイデン米大統領は17日、ロシア政府がウクライナ侵攻を正当化
する偽旗作戦を行うなど、ウクライナへの侵攻を計画していることを示
すあらゆる兆候があると表明した。
    ロシア大統領府(クレムリン)は、バイデン氏が緊張をあおり、米
政府が安全保障に関する要求を無視していると非難。不特定の「軍事・
技術による措置」を取るとけん制する強い表現の書簡を発表した。
    ラボバンクのシニア市場エコノミスト、エルウィン・デグルート氏
は「市場は、そこにある潜在的なリスクを過小評価していると思われる
」とし、「ここ数週間のコモディティー市場を見ると、特にエネルギー
関連で大きな変動と価格の上昇が見られる。今後数カ月のうちにさらに
厄介なインフレのサプライズが起こる可能性がある」と指摘した。
    STOXX欧州600種旅行・娯楽関連株指数は1.73
%下落。紛争が起こる可能性を踏まえ、航空会社を中心とした同部門の
回復が妨げられるのではないかとの懸念から売られた。
    フランス高級ブランド、ケリングが5.0%上昇。主力
ブランドのグッチが寄与し、2021年第4・四半期の売上高が大幅に
増えたのが好感された。
    ドイツ自動車部品大手のコンチネンタルは3.3%上昇
。四つの事業への分割を検討しているとドイツのマネージャー・マガジ
ン誌が報じたのが材料視された。
    
 <株式指数>              終値   前日比     %   前営業日  コード
                                                      終値  
 STOXX欧州600    464.55    -3.22  -0.69     467.77          
 種                                                         
 FTSEユーロファー   1816.83   -11.49  -0.63    1828.32          
 スト300種                                               
 ユーロSTOXX50   4113.19   -24.03  -0.58    4137.22  <.STOXX50E
 種                                                         >
 

    
 (ーからご覧ください)
for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up