Reuters logo
欧州株式市場=反落、エネルギー株とバンコ・ポピュラールが重しに
June 5, 2017 / 7:06 PM / 7 months ago

欧州株式市場=反落、エネルギー株とバンコ・ポピュラールが重しに

    [ミラノ/ロンドン 5日 ロイター] - 
 <株式指数>                    終値  前日比     %  前営業日終  コード
                                                              値  
 STOXX欧州600種        392.04   -0.51  -0.13      392.55          
 FTSEユーロファースト3   1540.00   -2.05  -0.13     1542.05          
 00種                                                           
 DJユーロSTOXX50種   3579.55  -12.27  -0.34     3591.82             
 
    週明けの欧州株式市場は反落して取引を終えた。エネルギー株が売られたほか、経営
不安を抱えるスペインの銀行大手バンコ・ポピュラールに引きずられる形で銀行
株も値を下げた。
    5日はドイツなどが祝日による休場で、全体的に薄商いだった。
  バンコ・ポピュラールは一時、18.2%安となり、過去最安値を更新する場面もあ
った。身売り先が見つからない場合、清算となる可能性があることが引き続き不安視され
ている。
    イタリアのテレビ会社メディアセットと、スペインにある子会社メディアセ
ット・エスパーニャも大きく売り込まれた。フランスの通信・娯楽大手ビベンデ
ィが、通信分野の競争政策に関するイタリアの監督当局の求めに応じて、メディ
アセット株の取得を現状の10%で凍結する可能性があることが懸念された。
    週末にロンドンで発生した襲撃事件によりロンドン市場では観光関連の銘柄が売られ
たが、市場全体ではそれほど大きな影響はなかった。
    サウジアラビアをはじめとする中東の国々が、カタールに対して、テロリズムを支援
しているとして、相次いで断交を表明したことを受けて、石油株は値を下げた。
    フランスのトタルは0.8%安、イタリアのENIも0.6%安
となった。
    カタールの投資先となっている銘柄はまちまちだった。スイス資源大手のグレンコア
が1.2%安となる一方で、スペインの公益企業イベルドローラや英国
の銀行大手バークレイズは上昇した。

    
 (い)

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below