for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

欧州株式市場=反落、タロー・オイル大幅安

    [9日 ロイター] - 
 <株式指数>              終値   前日比     %  前営業日  コード
                                                     終値  
 STOXX欧州600    406.39    -0.96  -0.24    407.35          
 種                                                        
 FTSEユーロファー   1587.46    -3.81  -0.24   1591.27          
 スト300種                                              
 ユーロSTOXX50   3672.18   -20.16  -0.55   3692.34  <.STOXX50
 種                                                        E>
 
        
    週明けの欧州株式市場は反落して取引を終えた。英石油開発大手タロー・オイル<TLW
.L>が大幅安となったほか、中国の軟調な指標を受け市場心理が悪化した。
    タロー・オイルは71.8%急落。最高経営責任者が辞任したほか、配当を停止した
ことが嫌気された。STOXX欧州600種資源株指数は0.99%低下した。
    中国の輸出は11月に4カ月連続で縮小した。長引く米中貿易摩擦が引き続き打撃と
なっていることを示唆した。
    製薬大手のサノフィとロシュ・ホールディング< ROG.S>も相場の押し下げ
要因だった。サノフィは米バイオ医薬品会社シンソークスを買収することで合意
。ロシュは米遺伝子治療法開発会社スパーク・セラピューティクスへの買収提案
の期日を延期したことが材料視された。
    フランスのCAC40指数は0.59%下落した。フランスのデジタル課税
に反発する形でトランプ米大統領がシャンパンやその他のフランス製品に関税を課す構え
を示していることに関してルメール経済・財務相が世界貿易機関(WTO)に訴える準備
ができていると発言したことが不安視された。
    一方、英小売り最大手テスコは4.6%上昇。アジア事業の売却を検討して
いるとの発言が材料視された。ドイツの照明大手オスラムは14.9%上昇し
た。オーストリアのセンサーメーカー、AMSがオスラムへの買収提案額を引き
上げるとの観測が買い材料となった。

    
 (い)
for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up