July 11, 2017 / 7:24 PM / 6 months ago

欧州株式市場=反落、ディフェンシブ銘柄や不動産株売られる

    [ロンドン 11日 ロイター] - 
 <株式指数>                                 終値        前日比           %        前営業日終値  コード
 STOXX欧州600種                     379.15         -2.49        -0.65              381.64          
 FTSEユーロファースト300種          1490.61        -10.16        -0.68             1500.77          
 DJユーロSTOXX50種                3464.48        -13.58        -0.39             3478.06             
        
    欧州株式市場は反落して取引を終えた。ディフェンシブ銘柄や不動産株の値下がりが
自動車や鉱業株の値上がりを上回った。
    STOXX欧州600種食品・飲料株指数と日用品・家庭用品株指数
、不動産株指数はいずれも低下した。
    一方、自動車・部品株は0.96%上昇した。中国の6月の乗用車販売台数
が増えたことが好感された。
    Mirabaud Asset ManagementのValentin Bissat氏は「ディフェンシブ銘柄は総じて弱
含んでいる。一方で景気循環株は引き続き好調だ」と述べる。
    資源株指数は0.52%上昇し、自動車以外で値を上げた唯一の部門だった
。金属価格の上昇が追い風となった。
    英教育出版大手のピアソンは取引時間の早い段階で値上がりした後、5.1
%下落して取引を終えた。出版社ペンギン・ランダムハウスの株式22%を売却するとの
発表を受け、今後の配当計画が懸念された。
    世界で1位と2位の人材派遣会社、スイスのアデコとオランダのランスタッ
ドはともに2%超の値下がりとなった。ドイツ銀行が両社の投資判断を引き下
げたことが嫌気された。米国と欧州における現在の雇用水準は、ピークを迎えている12
ヵ月間の投資収益率と関連していると指摘した。

    
 (い)

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below