May 6, 2019 / 5:39 PM / 13 days ago

欧州株式市場=反落、トランプ氏の対中関税引き上げ発言で

    [6日 ロイター] - 
 <株式指数>              終値   前日比     %  前営業日  コード
                                                     終値  
 STOXX欧州600    386.95    -3.42  -0.88    390.37          
 種                                                        
 FTSEユーロファー   1520.65   -14.44  -0.94   1535.09          
 スト300種                                              
 DJユーロSTOXX   3462.95   -39.53  -1.13   3502.48  <.STOXX50
 50種                                                    E>
 
        
    週明け欧州株式市場は反落して取引を終えた。トランプ米大統領が中国製品の関税を
引き上げると表明し、相場の重しとなった。
    トランプ米大統領は5日、2000億ドル相当の中国製品に対する関税を10日から
引き上げるとした上、追加で数千億ドル規模の製品についても近いうちに関税を課すと述
べた。
    数日前には中国の習近平国家主席との関係について前向きな発言をしていたため、ほ
とんどの投資家は不意を突かれた。UBSのエコノミストらは「前週末は、貿易摩擦を終
えることを目的とした米中通商協議が『非常にうまく』いっていると発言していた。今回
の脅しは正反対の内容だ」とした。
    輸出銘柄が多いドイツのクセトラDAX指数は1.01%低下。日中は約2
.2%安となる場面もあった。
    米中通商政策に左右されやすいSTOXX欧州600種自動車・部品株指数
は2.12%低下し、部門別で最も大幅に落ち込んだ。
    ルクセンブルグの自動車部品メーカー、スタビラスは5.7%安だった。
世界的に自動車業界が低迷していることから通期の業績見通しを引き下げたことが嫌気さ
れた。
    一方、ノルウェーの国営通信会社テレノールは4.7%上昇。マレーシアの
同業アシアタ・グループとアジア事業を統合し、合弁会社を作ることを協議し
ていると述べたことが買い材料だった。

    
 (い)

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below