Reuters logo
欧州株式市場=反落、ユーロ高が重し
2017年8月25日 / 19:31 / 1ヶ月前

欧州株式市場=反落、ユーロ高が重し

    [ミラノ 25日 ロイター] - 
 <株式指数>                    終値   前日     %  前営業日終  コード
                                          比                 値  
 STOXX欧州600種        374.07  -0.44  -0.12      374.51          
 FTSEユーロファースト3   1470.30  -2.07  -0.14     1472.37          
 00種                                                          
 DJユーロSTOXX50種   3438.55  -6.18  -0.18     3444.73             
        
    欧州株式市場は反落して取引を終えた。小売り銘柄が売られたほか、ユーロ高が相場
の重しとなった。
    この日は米ワイオミング州ジャクソンホールで開かれている経済シンポジウムでの中
銀当局者らの発言が注目された。イエレン米連邦準備理事会(FRB)議長が講演で米国
の金融政策に言及しなかったことでドルが下落した。ユーロ高に伴い欧州株は終盤にかけ
てマイナス圏に落ち込んだ。
    小売り株ではオランダのスーパーマーケット大手アホールド・デレーズが6
.1%下落し、最も大幅に下落した銘柄となった。オンライン小売の米アマゾン・ドット
コムが、自然・有機食品小売り大手の米ホールフーズ・マーケットの買
収を週明けに完了する中でホールフーズの価格を引き下げると発言。アホールドは米東海
岸での事業が大きい。取引時間中は7.6%安と、16か月ぶりの安値に落ち込む局面も
あった。
    AFSグループのアナリストJauke de Jong氏は「アマゾンによる価格引き下げで米
国に既にみられる価格競争がさらに激化する」と指摘した。
    他のスーパーも売られ、STOXX欧州600種小売株指数は1.11%低
下した。
    一方、英金融サービスのプロビデント・フィナンシャルは22.5%上昇し
た。立て続けに利益見通しを引き下げたことで今週は時価総額の約半分が吹き飛んだが、
この日は低迷する消費者信用事業のトップを交代したとの発表で買い安心感が広がった。

    
 (い)

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below