for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

欧州株式市場=反落、不安定な動き 週間は2カ月ぶり上昇率

    [8日 ロイター] - 欧州株式市場は反落して取引を終えた。投
資家が米雇用の鈍化を示す統計を解釈する中で、不安定な値動きだった
。週間では、高インフレへの懸念が後退し、2カ月ぶりの上昇率となっ
た。
    米労働省が発表した9月の雇用統計で非農業部門雇用者数は19万
4000人増と、市場予想の50万人増を大きく下回った。ただアナリ
ストは季節調整の要素を除くと、それほど落胆する数字ではなかったと
述べた。
    ウェルス・ファーゴ・インベストメント・インスティテュートのシ
ニアグローバル市場ストラテジスト、サミア・サマナ氏は「雇用統計は
予想より弱い結果となったが、労働市場の改善という全体的な傾向は変
わらない」と述べた。
    STOXX欧州600種石油・ガス株指数と自動車・部品
株指数が上がったものの、債券利回りの上昇により高成長部門
の魅力が薄れ、テクノロジー株指数が1.44%下落したこと
の影響が大きかった。
    英国の旅行関連銘柄では、英航空大手ブリティッシュ・エアウェイ
ズ(BA)の親会社IAG、飲食店・ホテルチェーンを展開す
るウィットブレッド、欧州格安航空大手ライアンエアが
0.4─1.6%上昇した。英国が47カ国に対して新型コロナウイル
スの隔離措置を廃止すると発表したことを好感した。
    ドイツの自動車大手ダイムラーは、UBSが投資判断を
「ニュートラル」から「バイ」に格上げし、目標株価を79ユーロから
100ユーロに引き上げたことを受け、2.6%上昇した。
    週間でSTOXX欧州600種は0.97%上昇。米債務上限の一
時的引き上げに加え、エネルギー問題への不安が和らいでインフレ懸念
を引き起こした原油・ガス価格の上昇が落ち着いた。
    
 <株式指数>              終値   前日比     %   前営業日  コード
                                                      終値  
 STOXX欧州600    457.29    -1.28  -0.28     458.57          
 種                                                         
 FTSEユーロファー   1771.80    -4.60  -0.26    1776.40          
 スト300種                                               
 ユーロSTOXX50   4073.29   -25.05  -0.61    4098.34  <.STOXX50E
 種                                                         >
 

    
 (ーからご覧ください)
for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up