for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

欧州株式市場=反落、利上げペース鈍化期待しぼむ 景気後退懸念も圧迫

       [5日 ロイター] - 欧州株式市場は4営業日ぶりに反落し
て取引を終えた。5日発表された米国の雇用に関する指標は労働市場が
引き続き力強いことを示唆し、利上げを積極的に進めている主要中央銀
行がタカ派的な姿勢を弱めるとの期待がしぼんで売りを促した。欧州域
内の企業活動の低下を背景にした景気後退懸念も嫌気された。
    ニュージーランド準備銀行(中央銀行)の大幅利上げの決定も投資
家のリスク心理に重しとなった。
    オートマチック・データ・プロセッシング(ADP)が発表した9
月の全米雇用報告で民間部門雇用者数が増加。米供給管理協会(ISM
)による9月のサービス業景況調査の雇用指数も上昇し、労働需要が旺
盛な状況を示唆した。
    一方、9月のユーロ圏総合購買担当者景気指数(PMI)は3カ月
連続で好不況の分かれ目となる50を下回り、景気後退を回避できない
可能性が高まった。
    プルリミ・ウェルスの最高投資責任者(CIO)、パトリック・ア
ームストロング氏は「欧州はかなり急激な景気後退に陥りつつあると思
う」との見方を示した。
    STOXX欧州600種はほぼすべての部門が下落し、中でも不動
産株指数は4.17%安、小売株指数が3.19%安
と落ち込んだのが全体を押し下げた。通信株指数 、銀行株指数
 はそれぞれ2.24%、2.12%下げた。
    個別銘柄では、製薬・バイオ業界向けサービスを手がけるバッケム
・ホールディングが2.2%高。スイスに3つ目の拠点を建設
する計画が材料視された。
 <株式指数>                  終値    前日比      %  前営業日終  コード
                                                               値  
 STOXX欧州600種      398.91     -4.12   -1.02      403.03          
 FTSEユーロファースト   1582.40    -14.38   -0.90     1596.78          
 300種                                                          
 ユーロSTOXX50種     3447.72    -36.76   -1.05     3484.48             
    
 (ーからご覧ください)
for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up