January 27, 2020 / 6:29 PM / a month ago

欧州株式市場=反落、新型コロナウイルス感染拡大で経済への影響を不安視

    [27日 ロイター] - 
 <株式指数>              終値   前日比     %   前営業日  コード
                                                      終値  
 STOXX欧州600    414.07    -9.57  -2.26     423.64          
 種                                                         
 FTSEユーロファー   1619.00   -37.50  -2.26    1656.50          
 スト300種                                               
 ユーロSTOXX50   3677.84  -101.32  -2.68    3779.16  <.STOXX50E
 種                                                         >
 
    週明け欧州株式市場は反落して取引を終えた。中国で発生した新型
コロナウイルスの感染が急速に拡大する中、経済への影響が不安視され
た。
    STOXX欧州600種の構成銘柄のうち97%以上がマ
イナス圏で取引され、約1800億ユーロの時価総額が吹き飛んだ。中
国の需要が大きい高級ブランドと航空、宿泊関連株の値下がりが目立っ
た。欧州の大手高級ブランド銘柄は、先週コロナウイルスが発生して以
降、500億ドル超の時価総額が吹き飛んでいる。
    バーンスタインのアナリストは新型コロナウイルスと02ー03年
に発生した重症急性呼吸器症候群(SARS)を比べ、高級品市場にお
いて中国人消費者が占める割合が03年はたったの2%だったのに対し
、19年は実に35%まで拡大したと述べる。
    世界最大の金属消費国である中国の成長懸念から資源株指数<.SXPP
>は4.27%下落した。
    アウアーバッハ・グレイソンの欧州株販売部門で上級責任者を務め
るステファン・リューク氏は「投資家が利益を確定させたい意向である
中、適度に配当があり国内市場が中心である銘柄が買われるだろう」と
指摘。「短期的には、1─2週間で実態がより明らかになると思う。数
週間は売り込みが続き、死亡者数がそれほど多くなければ1カ月以内に
相場が安定してくるだろう。その先はいくぶん平常に戻る」との見通し
を示した。

    
 (ーからご覧ください)

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below