March 23, 2020 / 7:05 PM / in 11 days

欧州株式市場=反落、景気後退懸念で

    [23日 ロイター] - 
 <株式指数>              終値   前日比     %  前営業日  コード
                                                     終値  
 STOXX欧州600    280.43   -12.61  -4.30    293.04          
 種                                                        
 FTSEユーロファー   1103.82   -47.55  -4.13   1151.37          
 スト300種                                              
 ユーロSTOXX50   2485.54   -62.96  -2.47   2548.50  <.STOXX50
 種                                                        E>
    

    週明けの欧州株式市場は反落して取引を終えた。新型コロナウイルスの感染が拡大し
続ける中、景気への打撃が不安視された。世界経済は2020年に景気後退に陥る可能性
が高い中、各中央銀行や政府が導入した景気支援策は投資家に安心感を与える効果はあま
りないようすだ。
    米連邦準備理事会(FRB)がこの日、積極的な景気支援策を発表し、欧州株は日中
、下落幅を圧縮したが、世界経済が景気後退に陥る見込みから株式は再び売り込まれた。
    UBSのエコノミストは投資家向けのメモで「ここ2週間、欧州の主要な地域が閉鎖
されていることで経済見通しは急速に悪化し、景気後退入りは今や避けられないだろう」
と述べた。欧州経済が今年、4.5%縮小すると試算した。
    国境を閉鎖し国内移動を規制する国が増える中、STOXX欧州600種旅行・娯楽
関連株指数は7.67%下落した。新型ウイルスの感染拡大を抑えるために多く
の工場が閉鎖される中、鉱工業関連株指数は6.08%下落した。
    一方、石油・ガス株指数は0.91%上昇した。フランスの石油大手トタル<
TOTF.PA>と英蘭系ロイヤル・ダッチ・シェルはともに約6%高となった。原油安
に対応するために自社株買いを停止し、経費削減計画を公表したことが好感された。

    
 (い)

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below