Reuters logo
欧州株式市場=反落、石油や銀行に売り
April 3, 2017 / 6:15 PM / 9 months ago

欧州株式市場=反落、石油や銀行に売り

    [ミラノ 3日 ロイター] - 
 <株式指数>                                 終値        前日比           %        前営業日終値  コード
 STOXX欧州600種                     379.29         -1.85        -0.49              381.14          
 FTSEユーロファースト300種          1494.48         -8.55        -0.57             1503.03          
 DJユーロSTOXX50種                3472.94        -27.99        -0.80             3500.93             
        
    週明け欧州株式市場は反落して取引を終えた。石油と銀行株が売られた。STOXX
欧州600種指数は取引時間の早い段階では値上がりし、約1年4カ月ぶりの高
値をつけたが、米国で複数の州や地方自治体がトランプ政権に対して省エネ基準の適用を
遅らせているとして法的措置を開始したと報じられたことから、相場はマイナス圏に転じ
た。
    トランプ氏が昨年11月に大統領選に勝利して以来、インフラ支出の拡大と減税への
期待からリフレ取引が加速しており、資源関連や銀行株が大きく買われてきた。ただ3月
に医療保険制度改革の代替法案が撤回されて以来リフレ取引は勢いを失っている。
    早い時間帯に約9週間ぶりの高値をつけたSTOXX600種の石油・ガス株指数<.
SXEP>は0.63%の下落で取引終了。英石油・ガス生産のタロー・オイルが2.
6%、イタリアの石油大手ENIが1.5%、スペインの石油大手レプソル<REP
.MC>も1.2%下落した。
    資源株指数は0.11%下落した。
    銀行株指数は1.40%の下落。中でもスペインの銀行、バンコ・ポピュラ
ールが10.4%安と売り込まれた。内部監査の結果、会計修正の必要性が指摘
されたと発表した。大半が不良債権関連という。最高経営責任者(CEO)の退任も発表
した。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below