April 3, 2018 / 7:30 PM / 6 months ago

欧州株式市場=反落、貿易摩擦とハイテク株に懸念

    [ロンドン 3日 ロイター] - 
 <株式指数>                     終値     前日比      %   前営業日終  コード
                                                                    値  
 STOXX欧州600種         369.07      -1.80   -0.49       370.87          
 FTSEユーロファースト3    1445.81      -6.50   -0.45      1452.31          
 00種                                                                 
 DJユーロSTOXX50種    3346.93     -14.57   -0.43      3361.50             
        
    連休明け欧州株式市場は反落して取引を終えた。貿易摩擦をめぐる懸念が相場の重し
となったほか、大手ハイテク株への不安も高まっている。
    中国が米製品に対する報復関税を発表したことで世界的にリスク志向が弱まった。
    工業や金融、ヘルスケア銘柄の値下がりが大きかった。市場別ではドイツのクセトラ
DAX指数は0.78%低下し、他の市場よりも大幅に値下がりした。
    STOXX欧州600種テクノロジー株指数は0.78%低下。米アップル
が、同社製のパソコン「Mac(マック)」のプロセッサー(CPU)を米インテルのも
のから自社製に切り替える計画であるとの報道が材料視された。アップルが自社設計への
移行を進めているとの報道が続く中で、アップルの部品を供給する世界中の企業の株価が
下がっている。中でもドイツの半導体メーカー、ダイアログ・セミコンダクター<DLGS.DE
>は大きく打撃を受けており、この日は3.5%安となった。イタリアの半導体メーカー
、STマイクロは2.9%安、オーストリアの同業AMSは2.3%安
、ドイツのインフィニオンは2.1%安だった。
    ハイテク部門以外では、世界2位のケータリング会社、フランスのソデクソ<EXHO.PA
>が4.5%下落した。ゴールドマンサックスが投資判断を「ニュートラル」に引き下げ
たことが嫌気された。同社は前営業日に軟調な利益見通しを示し、15.7%下落してい
た。ゴールドマンサックスのアナリストらは「競合の圧力は増しており、短期的にこれが
なくなることはなさそうだ。事業展開している地域で労働力の値上がりペースが加速して
おり、これも引き続き企業利益の重しとなるだろう」と指摘した。
    一方、イタリアのメディアグループ、メディアセットは6.4%上昇した。
英放送局スカイのイタリア部門と、コンテンツの共有で契約を結んだことが好感
された。リベラムのアナリストは契約について「ウィン・ウィンだ」と評した。ベレンバ
ーグはメディアセットの投資判断を「買い」に引き上げ、契約が「利益性を変える」こと
となるとの見方を示した。

    
 (い)

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below