November 27, 2018 / 6:37 PM / 14 days ago

欧州株式市場=反落、貿易摩擦巡り再び懸念

    [ミラノ 27日 ロイター] - 
 <株式指数>              終値   前日比     %  前営業日  コード
                                                     終値  
 STOXX欧州600    357.40    -0.93  -0.26    358.33          
 種                                                        
 FTSEユーロファー   1407.99    -3.10  -0.22   1411.09          
 スト300種                                              
 DJユーロSTOXX   3166.42    -6.29  -0.20   3172.71  <.STOXX50
 50種                                                    E>
 
        
    欧州株式市場は反落して取引を終えた。トランプ米大統領が中国に対する輸入関税を
引き上げる方針を示したほか、米国が自動車へ新たな輸入関税を課す可能性に言及する報
道を受け、貿易摩擦に対する懸念が再び高まった。
    米国のトランプ大統領は、2000億ドルに相当する中国製品への輸入関税について
、現在の10%から25%に引き上げる方針を明らかにした。また、関税の対象を全輸入
品に広げることも辞さない姿勢を再度示した。
    ドイツ誌がこの日、米商務省の調査報告が大統領に提出されたとし、トランプ氏が2
0カ国・地域(G20)首脳会議後、輸入車への関税を判断する可能性があると報じたこ
とから、自動車株が軒並み売られた。STOXX欧州600種自動車・部品株指数<.SXAP
>は2.52%低下。自動車銘柄が多いドイツのクセトラDAX指数は0.40
%のマイナスだった。
    旅行・娯楽関連株指数の0.91%低下した。旅行大手トーマス・クック<TC
G.L>が22.6%急落し6年ぶりの安値となった。ここ2カ月で2度目となる利益見通し
の引き下げや配当停止が不安視された。夏季の猛暑で旅行需要が低迷した。

    
 (い)

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below