March 21, 2018 / 6:13 PM / a month ago

欧州株式市場=反落、貿易紛争に懸念

    [ロンドン 21日 ロイター] - 
 <株式指数>                     終値     前日比      %   前営業日終  コード
                                                                    値  
 STOXX欧州600種         374.96      -0.61   -0.16       375.57          
 FTSEユーロファースト3    1467.14      -1.78   -0.12      1468.92          
 00種                                                                 
 DJユーロSTOXX50種    3401.04     -11.04   -0.32      3412.08             
        
    欧州株式市場は反落して取引を終えた。貿易紛争をめぐる懸念が相場の重しとなった
ほか、米連邦公開市場委員会(FOMC)の結果発表を控え投資家は慎重な姿勢だった。
    トランプ米大統領が鉄鋼・アルミニウムの輸入制限を発表して以来、世界的な貿易紛
争への懸念が耐えない。中国が報復措置を計画しているとするこの日の報道を受け、欧州
株式相場は一時、急落した。
    ただ一次産品銘柄が値上がりしたことで欧州株は取引時間中の最安値からは下落幅を
圧縮して取引を終えた。
    STOXX欧州600種資源株指数は1.73%上昇。金属価格が持ち直し
たことが追い風となった。石油・ガス株指数は1.31%上昇。米原油在庫が予
想外に減ったことで原油価格が6週間ぶりの高値に上ったことが買い材料となった。
    アセンド・マーケッツのリサーチアナリスト、ヘンリー・クロフト氏は「今日の一大
イベントはFRBの会合だ。最大の注目点はフォワードガイダンスだ。声明の文言や、タ
カ派的なニュアンスがあるか、政策当局者が利上げを今年3回ではなく4回やることに傾
いているかどうか、などだ」と述べた。

    
 (い)

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below