for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

欧州株式市場=反落、資源株下落が重し

    [27日 ロイター] - 欧州株式市場は反落して取引を終えた。
中国懸念から金属価格が低下し、資源株が下落したことが相場を押し下
げた。企業の決算発表内容はまちまちで、投資家は欧州中央銀行(EC
B)理事会を控えて警戒感を示した。
    STOXX欧州600種資源株指数は1.91%下がり、
全体の押し下げ要因となった。中国のコモディティ価格高騰への介入が
、石炭や金属の価格の重しとなった。
    ドイツ銀行は6.9%下落。第3・四半期決算の利益は
予想を上回ったが、投資家は業績の変動が激しい事業に依存した体質に
懸念を示した。
    フランスの決済企業ワールドラインは15.9%下落。不
振な決算結果とガイダンスが嫌気された。 
    28日のECB理事会では政策金利を据え置き、市場のインフレ予
測を押し返すと予想されている。
    フランスの銀行大手ソシエテ・ジェネラルの欧州株式投資戦略の責
任者、ローランド・カロヤン氏は「指数があれほどの高値を記録した後
、ECB会合前に今日は一種の小休止があっても不思議はない」とした
上で、「ECBは緩和的な姿勢を維持するだろうが、どんなメッセージ
や言葉も市場に誤解されたり、誤って解釈されたりするリスクを常に抱
えている」と指摘した。
    ECBは、新型コロナウイルス対策として導入した量的金融緩和策
が来年3月に終了した後の支援規模を検討している。インフレ期待の高
進は圧力となる見込みだ。
    リフィニティブIBESの最新データによると、欧州企業の第3・
四半期の利益は前年同期比52%増の998億ユーロ(1158億ドル
)になると予想され、先週の47.6%増の予想から改善した。
    フランスの家電メーカー、エス・イー・ビーは12.4
%上昇。第3・四半期決算が予想を上回ったことが好感された。
 <株式指数>                 終値   前日比      %   前営業日  コード
                                                          終値  
 STOXX欧州600種     474.04    -1.70   -0.36     475.74          
 FTSEユーロファース    1835.39    -6.54   -0.36    1841.93          
 ト300種                                                     
 ユーロSTOXX50種    4220.88    -3.09   -0.07    4223.97  <.STOXX50E
                                                                >
 
    
 (ーからご覧ください)
for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up