July 30, 2019 / 5:32 PM / in 2 months

欧州株式市場=反落、軟調な指標と米中貿易摩擦の懸念で

    [30日 ロイター] - 
 <株式指数>              終値   前日比     %  前営業日  コード
                                                     終値  
 STOXX欧州600    385.11    -5.74  -1.47    390.85          
 種                                                        
 FTSEユーロファー   1516.75   -21.57  -1.40   1538.32          
 スト300種                                              
 DJユーロSTOXX   3462.85   -60.73  -1.72   3523.58  <.STOXX50
 50種                                                    E>
 
        
    欧州株式市場は反落して取引を終えた。軟調な経済指標で市場心理が悪化した上、ト
ランプ米大統領が米中摩擦を高めるような発言をしたことで株が一段と売り込まれた。S
TOXX欧州600種指数は5月以来の大幅安となった。
    トランプ大統領は、中国が来年11月の米大統領選の行方を見極めようと交渉を進展
させずに待とうとすれば、再選後の取引は「中国にとって今よりもっと厳しい内容になる
か、全く取引しないかだ」と警告した。
    通商政策に左右されやすいドイツのクセトラDAX指数は2.18%低下し
、6週間ぶりの安値を付けた。
    個別銘柄ではドイツの製薬・化学大手バイエルが3.7%安だった。通期
利益の目標達成は難しくなってきたとの発言が不安視された。ドイツの航空大手ルフトハ
ンザは6.0%下落。第2・四半期利益が減少したほか、今年は欧州で厳しい
市況が続く可能性が高いとの発言が売り材料だった。
    通商政策に左右されやすい自動車・部品株指数は2.30%低下した。
    この日発表されたフランスとドイツ、ユーロ圏全体の統計は軟調で、成長見通しの弱
さが示された。ハト派の欧州中央銀行(ECB)政策当局者を後押しする内容だった。
    金利が低下する見通しが高まる中、銀行株指数は2.37%低下し、部門別
で最も大幅に落ち込んだ。
    アイルランドの主要株価指数は2.21%低下し、昨年12月以来の大幅な
落ち込み。英国の合意なき欧州連合(EU)離脱の懸念が同指数の重しとなっている。

    
 (い)

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below