July 30, 2018 / 5:50 PM / 15 days ago

欧州株式市場=反落、軟調な決算で

    [ロンドン 30日 ロイター] - 
 <株式指数>                    終値  前日比     %  前営業日終  コード
                                                              値  
 STOXX欧州600種        390.92   -1.16  -0.30      392.08          
 FTSEユーロファースト3   1530.51   -4.62  -0.30     1535.13          
 00種                                                           
 DJユーロSTOXX50種   3512.31  -14.87  -0.42     3527.18             
 
    週明け欧州株式市場は反落して取引を終えた。決算が嫌気された銘柄が売られたほか
、ハイテク部門が軟調だった。
    ビール製造で世界2位のハイネケンは6.5%下落した。上半期利益が市
場予想を下回ったほか、通期の利幅見通しを引き下げたことが嫌気された。
    フランスのガス大手エア・リキードは2.5%安だった。上半期の営業収
益が期待外れの内容だった。
    世界最大の医療画像機器メーカー、シーメンス・ヘルシニアーズは2.0
%下落した。ドル高に伴い第3・四半期の純利益が10%減少したことが売り材料だった
。親会社の総合電機大手シーメンスは0.4%安だった。シーメンスは資本財
セクターの中で比重が大きい銘柄だ。
    決算以外の材料では、STOXX欧州600種テクノロジー株指数が1.6
2%低下した。アジアや米国の株式市場でもハイテク部門が下落し、欧州株式市場でも同
部門が連れ安となった形だ。ツイッターやフェイスブックなどの大手ハイテク銘柄が前週
に大幅安となったことで投資家は同部門を不安視している。フランスの情報技術(IT)
サービス大手キャップ・ジェミニとドイツのソフトウエア大手SAP
はこの日、2.2%と2.9%それぞれ値を下げた。

    
 (い)

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below