May 14, 2018 / 6:40 PM / 4 months ago

欧州株式市場=反落、金融や通信機器銘柄売られる

    [ロンドン 14日 ロイター] - 
 <株式指数>              終値   前日比     %  前営業日  コード
                                                     終値  
 STOXX欧州600    392.19    -0.21  -0.05    392.40          
 種                                                        
 FTSEユーロファー   1538.32    -0.56  -0.04   1538.88          
 スト300種                                              
 DJユーロSTOXX   3565.74    +0.22  +0.01   3565.52  <.STOXX50
 50種                                                    E>
 
        
    週明け欧州株式市場は反落して取引を終えた。軟調な金融株が重しとなったほか、通
信機器銘柄も値を下げた。
    決算が嫌気されたオランダの銀行ABNアムロは6.0%下落し、金融部
門の重しとなった。過去数年間の石油部門の落ち込みを背景に輸送会社やオフショアサー
ビス企業に対する貸付損失が増え、第1・四半期の純利益が減少した。
    フィンランドの通信機器大手ノキアは1.0%、スウェーデンの同業エリ
クソンは1.1%それぞれ値下がりした。トランプ米大統領は中国の通信機器
大手・中興通訊(ZTE)に対して半導体など米国製部品の輸出を7年間禁じる制裁措置
を4月に決定したが、13日にツイッターで「ビジネスに早く戻れるような道を開いてあ
げられないか、中国の習近平国家主席とともに取り組んでいる」と述べた。投資家らはZ
TEへの制裁措置で、ノキアやエリクソンなどの売り上げや利幅が拡大すると期待してい
た。
    一方、ポルトガル電力公社(EDP)は9.3%上昇。中国の三峡ダムを運
営する国有企業の三峡集団(GTC)がEDP株を買い増し、株式の過半数を取得するた
めに108億ドルの提示額を打診した。JPモルガンのアナリストらは、「EDP株の支
配権を得ることでGTCは米国の再生可能エネルギー産業に戦略的に踏み込めるなど、さ
まざまな利点がある。提示額は低すぎる。EDP幹部や他の株主がより高い額を要求する
だろう」と分析した。

    
 (い)

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below