May 19, 2020 / 6:27 PM / 3 months ago

欧州株式市場=反落、銀行と通信株売られる

    [19日 ロイター] - 
 <株式指数>                 終値   前日比     %   前営業日  コード
                                                         終値  
 STOXX欧州600種     339.49    -2.10  -0.61     341.59          
 FTSEユーロファース    1327.06    -7.90  -0.59    1334.96          
 ト300種                                                    
 ユーロSTOXX50種    2902.58    -9.30  -0.32    2911.88  <.STOXX50E
                                                               >
 
            
    欧州株式市場は反落して取引を終えた。欧州連合(EU)の景気刺激策への期待が高
まる中でも、銀行株と通信株が売られ全体水準を押し下げた。
    フランスとドイツは18日、新型コロナウイルスの打撃を受けた加盟国への支援とし
て5000億ユーロ(5470億ドル)規模の復興基金の創設を提案した。これを受け1
9日の欧州株式市場は序盤、上昇して始まった。
    前日は、新型ウイルスのワクチンに関する前向きな報道を受けSTOXX欧州600
種は3月24日以来の大幅な伸びとなったが、この日は利益確定売りが出た。
    TSロンバードのアンドレア・チッチョーネ氏は「前日値上がりした後、やや調整が
入った。あまり深読みしない方が良いと思う」とした上で「欧州株式市場では部門別の値
動きに変化が見られる。最近の株価持ち直しで他部門に劣っていた金融や一般消費財株が
昨日は買われた。市場が何か異なる材料に反応している兆しとみている」と述べた。
    STOXX欧州600種通信株指数は2.65%下落した。個別銘柄ではテ
レコム・イタリアが8.6%安だった。第1・四半期利益が減ったほか、20
20年のコア利益見通しを示さなかったことが嫌気された。
    銀行株の比重が大きいスペインのIBEX指数は2.51%、イタリアの主
要株価FTSE・MIB指数は2.11%下落した。一部のアナリストは、欧州
6カ国が空売り制限を解除する点を銀行株の売り材料として挙げた。
    証券会社レッドバーンのアナリスト、ラッセル・ケルチ氏は「周辺国を中心にユーロ
圏の銀行の利益や資本に関する見通しについて不安が漂っている。今まではこうした国で
ヘッジファンドが空売りすることができなかった」と指摘する。
    たばこのインペリアル・ブランズは6.5%安だった。新型ウイルスの危機
により配当を3分の1減らしたほか、軟調な利益見通しを示したことが嫌気された。
    一方、ノルウェーの水産加工会社、サルマールは9.3%上昇した。第1
・四半期の支払利息・税金控除前利益(EBIT)が市場予想を上回ったほか、20年の
収穫見通しを維持したことが買い材料だった。
    

    
 (い)

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below