for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

欧州株式市場=反落、FRBのタカ派的な議事要旨公表で急落

    [6日 ロイター] - 欧州株式市場は反落して取引を終えた。5
日公表された米連邦準備理事会(FRB)の連邦公開市場委員会(FO
MC)の昨年12月会合の議事要旨で、労働市場の逼迫とインフレ高進
を受けて予想より早く利上げし、保有資産全体の縮小が必要になる可能
性が示された。このタカ派的な内容により、金利上昇の見込みからテク
ノロジー関連株が下落し、STOXX欧州600種指数は前日
の過去最高値から急落した。
    テクノロジー株指数は2.36%下落した。利上げが見込
まれる中で、今後の収益性の魅力が薄れたと受け止められた。
    OANDAのシニア市場アナリスト、クレイグ・アーラム氏は「年
初にはボラティリティーが高まることがあり、FRBの議事要旨はその
ボラティリティーに拍車を掛けたが、投資家心理が突然ネガティブに変
化したことを示すものではない」と述べた。
    データによると、ドイツの年間インフレ率の伸びは12月に鈍化し
たが、欧州中央銀行(ECB)の目標範囲を大きく上回っている。イン
フレ懸念や金利上昇、新型コロナウイルスのオミクロン変異株の感染拡
大などが相まって最近の投資家の懸念材料となっている。
    銀行株指数、保険株指数は1.12%、0.18%
それぞれ上昇。これらの部門は貸出金利の上昇による利益率向上の恩恵
を受ける。
    ユーロ圏の金融市場の取引では、ECBが早ければ10月に政策金
利を引き上げ、12月には2回目の利上げをすると投資家が見込んでい
ることが示唆された。
    フランスの銀行ソシエテ・ジェネラル(ソジェン)の自
動車リース部門、ALDが8.4%上昇。自動車リース市場
が電気自動車(EV)へ移行する中で、規模拡大のためにオランダの同
業企業リースプランを49億ユーロ(55億ドル)で買収することに合
意したことが好感された。
    フランスの小売大手カルフールは6.3%上昇。競合の
オーシャンによる新たな入札の報道が材料視された。
    
 <株式指数>                       終値     前日比       %   前営業日終  コード
                                                                       値  
 STOXX欧州600種           488.16      -6.19    -1.25       494.35          
 FTSEユーロファースト30    1893.19     -24.20    -1.26      1917.39          
 0種                                                                      
 ユーロSTOXX50種          4324.81     -67.34    -1.53      4392.15             
 

    
 (ーからご覧ください)
for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up