February 19, 2019 / 6:13 PM / a month ago

欧州株式市場=反落、HSBCが銀行株の重しに

    [ロンドン 19日 ロイター] - 
 <株式指数>              終値   前日比     %  前営業日  コード
                                                     終値  
 STOXX欧州600    368.97    -0.81  -0.22    369.78          
 種                                                        
 FTSEユーロファー   1452.49    -2.31  -0.16   1454.80          
 スト300種                                              
 DJユーロSTOXX   3239.41    -5.38  -0.17   3244.79  <.STOXX50
 50種                                                    E>
 
        
    欧州株式市場は反落して取引を終えた。決算が嫌気された金融大手HSBC
が銀行株の重しとなったほか、米中通商協議への期待を受けた押し上げが続かなかった。
    米中通商協議はこの日、ワシントンで再開。北京で先週開かれた協議では合意には至
らなかったものの、当局者らは進展があったと語っていた。
    フォレックス・ドットコムのアナリスト、Fawad Razaqzada氏は「米中合意の可能性
に対する前向きな見方は、すぐに完全に織り込まれるだろう」とした。
    STOXX欧州600種銀行株指数は0.91%低下し、部門別で最も軟調
だった。HSBCが発表した2018年の通期決算は利益が市場予想に届かなかった。コ
スト増や株式市場の低迷が痛手となった。バンクオブアメリカ・メリルリンチは決算発表
後、HSBCの投資判断を「ニュートラル」に引き下げた。HSBC株は4.0%安。
    一方、世界最大のセメントメーカー、ハイデルベルグセメントは3.6%
上昇した。昨年は苦戦したが、今年は需要と利幅が増えるとの見通しを示したほか、長年
にわたり務めた最高経営責任者(CEO)が来年退任するとの発表が好感された。
    ドイツのオンライン決済企業ワイヤーカードは4.6%上昇した。ドイツ
連邦金融監督庁(BaFin)が、ワイヤーカード株の空売りを禁止する措置を導入した
ことで買い安心感が広がった。英フィナンシャル・タイムズ(FT)紙が不正経理疑惑を
報じて以来、株価は乱高下していた。ドイツ当局は、同社を巡る報道に関与したFTの記
者に対する調査を開始した。

    
 (い)

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below