November 14, 2018 / 6:43 PM / a month ago

欧州株式市場=反落、2週間ぶり安値

    [ロンドン 14日 ロイター] - 
 <株式指数>                    終値  前日比     %  前営業日終  コード
                                                              値  
 STOXX欧州600種        362.27   -2.17  -0.60      364.44          
 FTSEユーロファースト3   1425.08   -9.49  -0.66     1434.57          
 00種                                                           
 DJユーロSTOXX50種   3206.64  -18.18  -0.56     3224.82             
        
    欧州株式市場は反落して取引を終えた。石油と鉱業、テクノロジー、銀行株が売られ
た。
    STOXX欧州600種指数とDJユーロSTOXX50種指数<.STOXX50E
>はともに10月31日以来、2週間ぶりの安値をつけた。
    石油・ガス株指数は0.47%低下した。日中の安値からは下落幅を圧縮し
て取引を終えた。原油価格は前日、供給が増えたことを背景に7%下落したが、この日は
やや持ち直した。
    資源株指数は1.65%低下した。世界最大の金属消費国である中国におい
て小売売上高が軟調だったことで、中国経済の鈍化が不安視され、銅価格が下落したこと
が背景にある。
    テクノロジー株指数は0.62%低下した。米アップルや米通信用半導体大
手クアルコムによる軟調な業績見通しを受け、米国の休暇シーズンの売り上げに対する懸
念が浮上する中、テクノロジー部門は今月、時価総額の3分の1近くが吹き飛んでいる。
    イタリア政府が欧州連合(EU)に再提出した2019年の予算案は、成長・財政赤
字計画がこれまでと変わらず、財政規律ルールの順守を求めるEUとの対決路線を堅持し
た。イタリアの主要株価FTSE・MIB指数は0.78%低下。イタリアの銀
行株は1.40%の低下だった。

    
 (い)

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below