August 14, 2019 / 5:36 PM / 4 days ago

欧州株式市場=反落、6カ月ぶり安値 景気後退懸念で

    [14日 ロイター] - 
 <株式指数>              終値   前日比     %  前営業日  コード
                                                     終値  
 STOXX欧州600    366.16    -6.24  -1.68    372.40          
 種                                                        
 FTSEユーロファー   1442.44   -23.82  -1.62   1466.26          
 スト300種                                              
 DJユーロSTOXX   3288.70   -68.46  -2.04   3357.16  <.STOXX50
 50種                                                    E>
 
        
    欧州株式市場は反落して取引を終えた。ドイツと中国の軟調な統計が発表されたほか
、米国債市場で長短金利が逆転したことで、景気後退が不安視された。
    STOXX欧州600種指数は6カ月ぶりの安値を付けた。
    ドイツの第2・四半期国内総生産(GDP)は、輸出の落ち込みが影響しマイナス成
長となった。中国の7月の鉱工業生産は17年超ぶりの弱い伸びにとどまった。米中貿易
摩擦が世界経済に与える影響が浮き彫りになった。
    米国債市場では10年債と2年債の利回りが2007年以降初めて逆転した。10年
債と2年債の利回り逆転は景気後退の前触れとされる。ドイツ債利回りは過去最低水準を
更新した。
    通商政策に左右されやすいSTOXX欧州600種テクノロジー株指数が3
%下落し、部門別で最も大幅に落ち込んだ。ドイツ銘柄が多い自動車・部品株指数<.SXAP
>は2.81%下落した。利回り低下を受け銀行株指数は2.59%安となった。

    
 (い)

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below