June 20, 2018 / 5:30 PM / a month ago

欧州株式市場=小反発、貿易摩擦懸念で上値重く

    [ロンドン 20日 ロイター] - 
 <株式指数>              終値   前日比     %   前営業日  コード
                                                      終値  
 STOXX欧州600    384.29    +1.08  +0.28     383.21          
 種                                                         
 FTSEユーロファー   1502.64    +4.58  +0.31    1498.06          
 スト300種                                               
 DJユーロSTOXX   3439.60    +4.30  +0.13    3435.30  <.STOXX50E
 50種                                                     >
    
    欧州株式市場は小反発して取引を終えた。だが投資家らは引き続き、米中の貿易摩擦
を不安視している。
    貿易摩擦を巡る懸念はこれまでもすでに相場の重しとなっていた。両国はともに引き
下がる兆しがなく、多くのアナリストはこれが今後株価をさらに押し下げるとみている。
    貿易摩擦への懸念が売り材料となり、STOXX欧州600種自動車・部品株指数<.
SXAP>は0.55%低下。4営業日続落となった。同じく貿易摩擦が売り材料となってき
た欧州航空機大手エアバスも一段安となり、この日は0.5%下落した。
    こうした中、イタリアの銀行、バンコBPMは2.7%上昇。不良債権を
予想よりも高い価格で売却できたことが好感された。これがけん引する形でイタリアの銀
行株指数は2.18%上昇し、6月11日以来の大幅高となった。
    一方、イタリアの高級ブランド、サルバトーレ・フェラガモは8.4%下
落した。持ち株会社が保有株の一部を大幅な割引価格で売却したことを受け、サルバトー
レ・フェラガモの利益を巡る懸念が浮上した。
    ほかの高級ブランド銘柄も連れ安となり、フランスのLVMH(モエ・ヘネシー・ル
イ・ヴィトン)とエルメス、ケリングは1.0%から2.
5%値を下げた。フランスのCAC40指数は0.34%低下した。

    
 (い)

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below