Reuters logo
欧州株式市場=小幅反発、トランプ氏の演説に期待
2017年2月28日 / 20:01 / 9ヶ月後

欧州株式市場=小幅反発、トランプ氏の演説に期待

    [ミラノ 28日 ロイター] - 
 <株式指数>                          終値      前日比         %     前営業日終値  コード
 STOXX欧州600種              370.24       +0.72      +0.19           369.52          
 FTSEユーロファースト300種   1458.85       +2.40      +0.16          1456.45          
 DJユーロSTOXX50種         3319.61      +10.31      +0.31          3309.30             
    
    欧州株式市場はSTOXX欧州600種指数が小幅ながら5営業日ぶりに反
発して取引を終えた。2月半ばにつけた約14カ月ぶりの高値に近づいた。2月の月間で
は約2.8%高だった。
    投資家らは、28日夜のトランプ米大統領の施政方針演説で、減税やインフラ投資計
画の詳細が明かされることを期待している。
    ロイヤル・ロンドン・アセット・マネジメント(RLAM)の分散投資担当責任者、
トレバー・グリーサム氏は「この高揚感を維持するには、今夜の講演に減税や投資拡大に
関する高水準で説得力ある概要が含まれなければならない」と語る。
    トランプ大統領は演説を翌日に控えた27日、2018会計年度の予算案について説
明し、軍事費の「歴史的な」拡大を組み込んだと明らかにした。軍事費を540億ドル増
やすとするトランプ氏の発言を背景に防衛・エンジニアリング関連銘柄が買われた。
    STOXXの航空宇宙・防衛指数は2.06%上昇し、15年12月以来
の高値をつけた。
    英高級品ブランドのバーバリーは3.7%高だった。物言う株主(アクティ
ビスト)として有名なベルギーの富豪アルベール・フレール氏が率いる投資会社GBL<G
BLB.BR>がバーバリーの株式3%を保有していると発表したことが買い材料だった。
    一方、STOXX600種鉱業株指数は1.07%下落。部門別で最も大き
く落ち込んだ。BHPビリトンやリオ・ティント、グレンコアが
売られ、全体を押し下げた。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below