Reuters logo
欧州株式市場=小幅反発、自動車銘柄買われる
2017年9月6日 / 18:34 / 15日前

欧州株式市場=小幅反発、自動車銘柄買われる

    [ロンドン 6日 ロイター] - 
 <株式指数>                          終値      前日比         %     前営業日終値  コード
 STOXX欧州600種              373.95       +0.24      +0.06           373.71          
 FTSEユーロファースト300種   1469.84       +1.54      +0.10          1468.30          
 DJユーロSTOXX50種         3433.80      +12.94      +0.38          3420.86             
            
    欧州株式市場は小幅反発して取引を終えた。欧州中央銀行(ECB)の理事会を控え
慎重な相場展開となったものの、自動車銘柄が買われ相場を下支えした。
    欧米自動車大手フィアット・クライスラー・オートモービルズ(FCA)
は4.3%上昇し、過去最高値をつけた。バークレイズが投資判断を引き上げたことが好
感された。
    ドイツの自動車大手ダイムラーは3.2%高。ゴールドマン・サックス(
GS)が投資判断「買い」に引き上げたことが買い材料となった。
    あるトレーダーは、投資判断の引き上げも自動車株の追い風となったものの、大手フ
ァンドマネージャーは魅力的なバリュエーションを材料に同部門の持ち高を増やしている
と指摘した。ドイツのメルケル首相がディーゼル車の販売禁止を一部の都市で回避しよう
としていることも追い風となったと付け加えた。ハリケーンに見舞われた米テキサス州で
洪水被害に遭った自動車を買い替える動きに伴う自動車需要の増加が見込まれていること
も買い材料となっているという。
    フォルクスワーゲン(VW)やダイムラーを含むドイツのクセトラDA
X指数は0.75%上昇した。
    STOXX欧州600種自動車・部品株は1.69%上昇した。
    英ソフトウエア会社マイクロフォーカス・インターナショナルは6.2%上
昇した。第3・四半期決算が買い材料となった。
    一方、銀行株指数は0.27%低下した。ECBの理事会を7日に控え、改
めて圧力がかかった。理事会では金融引き締めを巡るヒントがないかが注目されている。

    
 (い)

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below